東京-大阪2万円、快眠を叶える完全個室バス誕生の背景 – MONEY PLUS

乗ってみたい

[news 東京-大阪が片道2万円、完全個室の豪華高速バスが登場します。 新幹線を使った方が「安くて早い」にもかかわらず、なぜこのような一見“コスパが悪い”サービスが生まれたのでしょうか。 運営元に話を聞いてみると、納得のメリットが見えてきました。 全席11席、完全個室のプレミアム高速バス 関東バスと両備ホールディングスは、1月18日から全席個室の高速夜行バス「DREAM SLEEPER(ドリーム スリーパー)東京・大阪号」の運行を始めます。 運賃は大人片道2万円(2月28日までは、運行記念割引として大人1万8,000円)。新幹線を使うと、東京-新大阪の移動は普通車自由席で片道1万3,620円、グリーン車を使った場合でも19,230円なので、今回の便の価格設定はかなり高額です。 加えて、新幹線を使うと2時間30分程度で移動できますが、高速夜行バスでは約7時間。お金も時間もより多くかかってしまいます。 過去、高速バスは時間を気にせずに、ひたすら安く移動したいという人が消去法で選ぶような移動手段でした。事業者の参入が増え、低価格化競争が劇化し、現在、高速バスの価格比較サイトを見ると、東京-大阪間が1,400円という驚きの料金で提供されている激安便もあります。 しかし一方で、夜の時間を使って効率的に移動しながら「しっかり睡眠を取りたい」というニーズも高まってきました。 シート数を減らして座席間にゆとりを持たせたり、座席間にカーテンを用意したり、女性専用車両を用意したり……、各社さまざまな工夫を凝らしたプレミアムな車体を投入。利用者の心地よい眠りを目指します。 そんななか登場した真打ち“ドリームスリーパー”。これまでのサービスとどこが違うのでしょうか? 完全個室でリラックスできる空間に まず、特徴的なのは1台にたった11席しかない、全室扉付きの「完全個室」の座席です。 これまでにもカーテンなどでほぼ個室化した車体はありましたが、扉付きの完全個室型の車体は業界初。扉にカギをかけることはできませんが、座席後方に乗客の動きが見えるカメラを設置することで保安基準をクリアしました。乗客のプライバシーに配慮し、座っている間は運転席のモニターにカメラの映像は映らないようになっていますが、着替えなどは注意が必要です。]