ファミマで裾上げ、ほつれ直し 衣料品修繕サービスを開始 | BRAND TOPICS | BUSINESS | WWD JAPAN.COM

便利すぎる

[news  ファミリーマートは8月2日、衣料品の修繕、発送、受け取りができるサービス「24h洋服お直し便」を開始する。修繕は衣料品修理サービスを手掛けるビック・ママ(本社・仙台)が行う。仙台市内にあるファミリーマート122店舗で先行してサービスを始め…]

Jenkinsを使った自動テスト環境を作る(前編) – さくらのナレッジ

インストールで長いこと止まってるので、そろそろ手を付けるか

[news 継続的インテグレーション(CI)ツールとして有名なJenkinsは、ソフトウェア開発におけるテストやビルドと言った作業を自動化するツールだ。本記事ではJenkinsの最新版となるバージョン2系で正式に導入された、パイプライン機能を使ったビルド/テスト環境の構築を紹介する。 CIツールと「Jenkins」 ソフトウェア開発の現場において、そのテストはソフトウェアの設計やコーディングと同じくらい重要な過程である。近年のWebアプリケーションやスマートデバイス向けアプリケーション開発ではアプリケーションのリリース間隔が短くなっている傾向があり、そのためテストもより迅速かつ頻繁に行わなければならくなっている。そういった環境で有用なのが、継続的インテグレーション(CI)ツールだ。 CIは、元々は「ソフトウェアの開発コストを下げるためには開発の初期から頻繁にテストを行ってフィードバックを行うべき」という考え方から生まれた言葉であり、継続的にテストやビルドなどの作業を繰り返すことなどを指している。これを支援するためのツールがCIツールだ。 CIツールでは「特定のイベントをトリガーにしてあらかじめ指定しておいた処理を実行する」という機能が提供される。トリガーとして利用できるイベントはツールによって異なるが、たとえば毎日特定の時間にビルドを実行したり、バージョン管理ツールへのコミットをトリガーにしてビルドを実行する、といったことが可能だ。もちろん、手動でビルドを実行させることもできる。 CIツールはサーバーにインストールして利用するものが主流だったが、近年ではGitなどのソースコード管理システムやGitHubなどのサービスと連携して利用するクラウド型CIツールも登場している。また、XcodeやVisual Studioなどの開発環境と連携して利用できるツールもある。今回紹介する「Jenkins」はサーバーにインストールして利用するタイプのCIツールであり、オープンソース(MITライセンス)で提供されているため誰もが無償で利用できる。 Jenkinsの特徴]

1on1ミーティングに備えるアンケート – しるろぐ

なるほどー

[news 最近は、大体月一ぐらいのペースでメンバーと1on1ミーティングをするようにしている。 一人あたり30分から60分ぐらいで、前回のミーティングからの振り返りとその他相談を話す感じ。相談は仕事のことが主だけれど、プライベートな内容もある。 1on1ミーティングにあたって今年から事前アンケートを用意するようにしたのだけれど、そこそこいい感じに回っているのでまとめてみる。 事前アンケートを用意するメリット 話すことが事前に想定できる アンケート自体がアジェンダになるので、ミーティングがコントロール可能になる。 どんな話をするか分かっていると安心感もあるし、話が横道に逸れることもない(雑談は雑談で良いも…]

痛いニュース(ノ∀`) : 病院「患者が危篤です!」 医者「今すぐ行く、待ってろ!」→酒気帯び運転で逮捕 患者は死亡 – ライブドアブログ

ルールについて考えさせられる

[news 1 名前: サソリ固め(宮城県)@\(^o^)/:2016/07/09(土) 21:42:03.40 ID:UbCObHIm0●.net対馬の医師、飲酒運転疑い 患者危篤、検問振り切る長崎県警対馬南署は9日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで長崎県対馬病院の医師(59)=同県対馬市=を現行犯逮捕した]