[L] Picasaの終了と、10年続くウェブサービスの少なさ | Lifehacking.jp

[L] Picasaの終了と、10年続くウェブサービスの少なさ | Lifehacking.jp

確かに10年続いているサービスは凄いですね。単純に使う側としても作る側としても考えること多いです。
[news Googleが写真サービスPicasaを終了し、Google Photosに統合するというニュースが入ってきています。 まだ移行方法には不透明な部分があり、以降にむけての変化も2016年5月1日から順次導入されるということになっていますので、それまでに新しく使う写真サービスを選ぶか、単純にGoogle Photosにログインしてそちらを利用するといった選択肢があります。 それにしても、写真のように時間とともに蓄積する情報を保存するサービスが、こうしてあてにならないと、ユーザーとしてはどうすればいいのでしょう? 10年続いたウェブサービスは? Picasaのリリースは意外に古く、2002年の誕生以来14年が経過したサービスです。Googleによる買収は2004年、OSXを使っている人にとってはデスクトップアプリは2009年にようやく登場しましたので、まだそれほど古いサービスという印象はないかもしれません。 こうしてみると、10年続けて情報を保存してくれるウェブサービスがいかに珍しいかがわかります。 10年続けてログを残すことができたウェブサービスは? Flickr, Gmail, Basecamp, Remember The Milk, はてブ…Evernoteはもう少し、Facebook, Twitterももう少し— 堀 E. 正岳(ほりまさたけ) (@mehori) 2016, 2月 13 そう、思ったほどないのです。 ログがたまればたまるほど価値が増し、次第に離れづらくなるサービスは特に、写真、メール、ブックマーク、メモなどが挙げられますが、どの分野でも10年選手はまれです。 これはデータを預けるユーザーにとってはとても重大な問題で、継続してログを蓄積することでメリットを得たいと思った時に途中でサービスが終了してしまったのではなかなかつらいものがあるのです。 これについては先日みたいもん!のいしたにまさきさんが、NIFTY30周年によせて同じ点に触れていました。 ブログを始めるときに、ひとつだけ予感めいたものがあって、それは「これはやめちゃダメなものなんだろうな」というものでした。]