Google Maps Android API v2を使うまでにやること

Google Developers Console
久しぶりにGoogle Maps Android API v2で使おうと思うと
やり方が変わっていたり、忘れていたりすることがあるのでメモとして残しておきます。
プロジェクトは既に作成済でRelease用のkeystoreも発行済なことを想定しています。

まずはGoogle Developers Consoleにアクセス。
「プロジェクトを作成」を一番最初はしなくてはいけません。
作成までの手順はそれほど迷うことはないと思います。

作成できたら
ドロイド君がいるため「Mobile API」を見てしまいがちですが、
「Google Maps Android API」を選択し有効にします。

次に左側メニューの「認証情報」から「新しいキーを作成」。
「Androidキー」を選択します。

次にMacの場合は下記のコマンドを打ち込むことで現在のKeystoreを見ることができます。
ここで表示されたSHA1を控えておきます。

パスワードは入力せずにEnterで進みます。
またはDebug keystoreを指定する場合は以下。

次に「SHA1;使用するアプリのパッケージ名」を貼り付けます。

リリース用の場合の設定も必要です。
既にkeystoreが発行済であれば、ここでやっておいたほうが後の作業のタスクの手間が省けます。

keystoreのあるところにで同様に上記コマンドの「debug.keystore」の箇所を置換えてパスワードを入力すれば作成できるはず。
デバッグ用も本番用も、どちらも控えておきましょう。

次にマニフェストの設定も必要です。
まずはパーミッションを設定します。

次にapplication以下に下記を設定

APIキーの箇所は先ほど発行したAPIキーに置換えます。
これでGoogle Maps Android API v2を使う準備が出来ました。