人気ブロガーの“誰にでもできる”マネー運用指南(MONEY PLUS | くらしの経済メディア)

ふむふむ

[news 分かりやすく、手間いらずな点が魅力のインデックス投資。日経平均やTOPIX、ダウ平均といった株価指数などと同じ値動きを目指すもので、数ある投資のなかでは比較的安定して資産を築けるため、本業のある会社員向きともいわれる投資法だ。 インデックス投資は大きく「インデックスファンド(インデックス型の投資信託)」と「ETF(上場投資信託)」に分類されるが、それぞれの金融商品にはどんな違いがあるのだろうか? 双方の特徴やメリット・デメリット、さらには使い分けのコツについて、『全面改訂 ほったらかし投資術』の共著者でインデックス投資ブロガーの水瀬ケンイチさんに聞いた。 ]{.} インデックスファンドとETF、それぞれの特徴やメリットは? 「インデックスファンドは投資信託の種類のひとつ。数千円程度の少ない金額から購入でき、多様な銘柄に分散投資できます。売買は1日1回、『基準価額』で取引するのが特徴です。ちなみに、売買を申し込む時点では基準価額は決まっておらず、当日の夜もしくは後日、運用会社が発表します。したがって、買う際にはそれまでの値動きなどを参考に、『だいたいこれくらいの価格だろう』という感じで『えいや!』と買い、後日、『どれどれ、いくらで買えたかな』と確認することになりますね。 一方、ETFは『上場投資信託』といい、証券取引所で取引される投資信託のことです。上場されているため、株式と同様に証券取引所が開いている時間はいつでも売買ができます。価格もリアルタイムに変動しているので、インデックスファンドと違って売買時にも価格がはっきり分かり、値動きや損益が把握しやすい性質があります。以前は日経平均とTOPIXのETFばかりでしたが、最近は外国株式や外国債券、金や石油といったコモディティなど、商品の幅が急速に広がっていますね」(水瀬さん、以下同) では、インデックスファンドとETF、それぞれのメリットは? 「まず、インデックスファンドの魅力は利便性の高さ。たとえば、金額指定で売買できる、分配金を自動的に再投資できる、自動積立サービスを利用できるなど、投資家がラクをするための条件が整っています。かたやETFは利便性という点では劣りますが、インデックスファンドよりも信託報酬が安く設定されていることが多く、運用コストを抑えられるのが魅力です」 水瀬式「誰にでもできるマネー運用マニュアル」]